お役立ち豆知識:不動産仲介無料ネットなら代表徒然日記

奈良・大阪でお得な不動産仲介No1を目指します。

仲介手数料無料ネットなら代表徒然日記

HOME 徒然日記トップ › お役立ち豆知識

徒然日記:カテゴリ(お役立ち豆知識)

ルーフバルコニー付きマンションのメリット・デメリット

2020年10月14日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

ルーフバルコニー付きマンションの魅力は、なんといっても、

圧倒的な解放感にあります。 

 

一般的なバルコニーと違い、まず屋根がなく、面積も圧倒的に広いため、

リビングの窓の向こうに、さらに部屋が続いているような感覚です。

 

そこで今回は、そんなルーフバルコニー付きマンションの

メリットデメリットについて。

 

  

メリットは、資産価値の高さ

例えば、ルーフバルコニーがあると、テーブルセットを置いて

食事やお茶したりできますし、星空を眺めたり、

ガーデニングも可能。

 

また、夏場にプールで水遊びをさせるなど、子供を遊ばせる空間としても

大変魅力的。

 

つまり、マンションであるながら、庭付きの一戸建て感覚で暮らせるという

ことです。

 

さらに、ルーフバルコニー付きマンションは、その希少性から、

売却に有利だったりもします。 

 

デメリットは、使い方に制限が・・

とはいえ、ルーフバルコニーは、マンションの共用部分にあたります。

そのため、大きな物置を置いたり、ペットを遊ばせることは出来ません。

 

また規約によっては、ウッドデッキを置けないマンションも・・

 

そう考えると、購入前に管理規約で「できること、できないこと」を

確認しておきたいところ。

 

またルーフバルコニーは、ちょうど階下の住戸の屋根部分であるため、

子供の音が響いて迷惑をかける可能性もあります。

 

ですから、ルーフバルコニー付きの中古マンションを選ぶ際は、

イメージだけで決めず、よく検討したうえで購入することが大事です。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都で新築戸建、中古住宅の購入なら安心してお任せください。

ムダな費用を掛けず、間違いのない物件選びをお手伝いします。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

住宅購入の諸費用は節約できる

2020年10月10日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

はじめてマイホームを購入しようとしたとき、

まず驚かされるのが、諸費用が意外と高いことですね。

 

というのも、購入物件の代金とは別に

さまざまな費用がかかってきます。

 

仲介手数料や登記費用、ローンの保証料や事務手数料、

火災保険などなど・・。

 

これらをまとめて「諸費用」と呼びます。

 

ところで、こうした諸費用のなかには、

工夫次第で節約できるものもあります。

 

例えば、次のようなものです。

 

1.火災保険

火災保険には、様々な補償がセットになった「総合保障タイプ」と

「必要な補償だけを選ぶタイプ」があります。

 

むろん、節約したい向きには、後者のタイプがおすすめ。

 

河川が近くにないエリアや、高台に建つ住宅は、水害の遭う確率は

ほとんどないからです。

 

2.引越し費用 

引越し料金も、節約できるものの一つ。

ふつう、平日の料金は土日より安価に設定されています。

 

3.住宅ローンの保証料と事務手数料

金融機関には保証料無料をウリにしているところが増えました。

しかし、保証料は安いかわりに事務手数料が高い場合もあります。

 

1つの料金だけを見ずに、全体的に捉えて判断することも大切ですよ。

 

4.仲介手数料

もちろん、これには仲介手数料も該当します。 

同じサービスなら、少しでも安価で安心できる不動産会社を

選ぶのが賢明というものですね。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都で新築建売、中古住宅の購入でお悩みなら

気軽にご相談ください。

住宅のプロが、あなたをしっかりサポート致します。 

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

貯金の全てを頭金に充てるのは「NG」

2020年10月 6日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

マイホームを購入する場合、頭金を増やすことで

ローンの返済負担を減らそうと考える人は少なくありません。

 

なかには、預貯金のほとんどを、頭金に使う人も・・。

 

しかし本当は、手元にある程度の現金を

残しておくのがよいですよ。

 

そうしないと、例えば、

子どもの教育費や家族の入院・治療費など、

月々の収入では対応できないこともありますから。

 

こんなとき、常に現金を残しておけば、

実際に使わなくても、

精神的なゆとりが持てるというものです。

 

さて、こうしたお金のことを、

「生活予備資金」といいます。

  

生活予備資金がいくらいるかは、特に決まりはありません。

 

世帯によって生活費の3カ月分、半年分、1年分など、

いろいろだと思います。

 

したがって、「我が家はいくらあればよいか」は、

家族で話し合って決めてくださいね。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都の新築一戸建て、中古住宅の購入・売却でお悩みでしたら

気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

お洒落なリビングのつくり方

2020年9月28日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

家選びにおいて、LDKの広さを重視する人は多いですよね。

 

とくに、リビングは家族団らんの場としては勿論のこと、

食事や勉強、趣味のスペースにも使われるようになっています。

 

それだけに、家を買ったら、リビングを居心地のよい、

洒落た空間にしたいものですよね。

 

そこで今回は、リビングの上手な演出の仕方を

ご紹介しましょう。

 

1.フロアランプを間接照明に利用

ホワイト系のリビングは、確かに無難なのですが、

ここは一工夫し、メリハリをつけます。

 

まずは、費用対効果のある間接照明です。

 

例えば、ソファーの左右どちらかに、

背の高いフロアランプを置きます。

 

これだけで洒落た雰囲気になりますし、また昼間でも

ランプが部屋のアクセントとなってくれます。

 

2.アートを飾ってみる

何もない壁には、お気に入りのアートを飾ってみます。

 

ポスターや絵画など、あなたが心地よいと感じるものを選ぶこと。

雑貨屋や百均など、リーズナブルな小物を活用してもOKですよ。

 

ちなみに、飾る場所は、高い位置よりも低めの位置がベスト。

 

人の目が自然に行くのは低めの位置であり、

そのほうが垢抜けて見えます。 

 

3.グリーンを置いてみる 

ホワイト系の壁にグリーンは引き立ちます。

 グリーンは、大きめのサイズを1つだけ入れてみること。

 

例えば、天井が高い部屋には背の高いグリーンを、

広めの部屋には葉が広がるものがよいでしょう。

 

置く場所は、ソファー横や窓ぎわがベスト。

 

いかがでしたか?

どれも費用対効果の高いものばかり。

あなたがマイホームを手に入れたら、素敵なリビングづくりの

参考にしてくださいね。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都で新築一戸建て、中古住宅の購入・売却で

お悩みでしたら気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

中古マンションの北側の部屋はどう使えばよい?

2020年9月14日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

マンションのリビングが南向きの場合、

どうしても、個室は北側に配置されています。

 

北側の部屋といえば、どうしても日当たりがわるく、

寒いというイメージがありますね。

 

その一方で、長所もあります。

 

南側の部屋にように夏場の強い日差しはありませんし、

また西側の部屋のように午後から日が入るいうこともありません。

 

1日中、柔らかな陽が入るので穏やかに過ごすことができます。

 

そのため、北側に部屋は、夏は冷房なしで過ごせることも多く、

暑さが苦手な人に喜ばれています。

 

そのぶん、冬場に暖房を使った場合

外気との温度差で結露が生じやすくなります。

 

対策としては

こまめに窓を開けて換気するのがよいです。

 

それが出来ない場合は、内窓リフォームで断熱性を高めることは

有効な方法となります。

 

 

一般に、北側の部屋は静けさを保てるので、

寝室だけでなく、書斎や趣味の部屋にもピッタリ。

 

また、子供部屋にするのもよいですね。

 

日中は学校に行っているため、日当たりの良し悪しは

問題にはなりません。

 

ただし、冬場は冷えるので、床にラグを敷き、

暖色系の断熱カーテンを付けてあげるとよいですよ。

 

もしあなたが中古マンションを検討中なら、

是非参考にしてくださいね。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都の新築一戸建て、中古住宅の購入・売却で

お悩みでしたら、気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

中古住宅の価格の下がり方に決まりはない

2020年9月 9日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。 

 

中古住宅の価格といえば、築5年、10年、20年と古くなるにつれ、

下がっていくもの。

 

では、その下がり方には、一定の決まり事は

あるのでしょうか?

 

中古物件の価格の下がり方に、決まりやパターンは

ありません。

 

つまり、1年毎に何パーセント下がると

いうわけではないのです。

 

大まかに言えば、中古物件は新築後10年ほどは値下がり幅が大きく、

10年を超えると、なだらかになる傾向があります。 

 

ところで、築10年を超える中古物件にも

探せば良いものがあります。

 

例えば、築20年くらいの中古マンションは

駅前など立地にすぐれた物件が多かったりします。

 

これは、バブルがはじけて、

企業の跡地や運動場などが再開発され

立地の良い所に建てられたからです。

 

人気エリアで、なかなか売りに出ない

お得な物件に出会うこともあります。 

 

となれば、中古住宅は築10年以内などと

限定して探さないほうが

古くても好条件の物件に巡り合えるかも…です。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都で新築建売住宅、中古住宅の購入・売却でお悩みでしたら

気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

どう違うの?耐震・制震・免震 (Part2・制震と免震)

2020年9月 5日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

前回は、「耐震」の話をしました。

 

「耐震」とは、建物をガッチリ固めることで、

倒壊を防止ごうというものでした。

 

そこで今回は、「制震」と「免震」についてです。

 

 

「制震」は、しならせる

制震構造とは、建物をしならせることで

揺れを軽減させようとするものです。

 

たとえば、壁の中に

ダンパー(振動軽減装置)を設けることで

建物をしならせ、地震エネルギーを分散されます。

 

この方法は、前回の「耐震」が建物をガッチリ固めるのとは

対照的ですよね。

 

また、「制震」は地震のほか、強風による揺れにも効果を

発揮します。 

 

 

「免震」は、ゴムで絶縁

「免震」構造とは、地面の揺れが建物に

わらないようにする方法です。

 

具体的には、地面と建物の間にゴムを設置し、

このゴムが絶縁体の役割をはたし、

建物の倒壊や家具の転倒を防ぐのです。

 

ただし、装置が大掛かりになるぶん、

コストも高い・・。

 

したがって、主に高層ビルや大きな建築物が

対象となります。

 

いかがでしたか?

一戸建てかマンションか、またその規模によって、

どの耐震工法にも向き、不向きがあります

 

あなたの住宅選びも、こうした視点から、

確認してみてくださいね。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都の新築一戸建て、中古住宅の購入・売却でお悩みでしたら

気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

どう違うの?耐震・制震・免震 (Part1・耐震とは)

2020年9月 2日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

住宅に求める機能の1つに「耐震性」がありますよね。 

そこで今回は、住宅の地震対策の話をします。 

 

実は、地震に強い家にするためには、

3つの方法があります。

 

これが、「耐震」「制震」「免震」というもの。

 

では、それぞれ、どのように違うのか、

説明していきましょう。

 

  「耐震」は、建物をガッチリ固める 

 「耐震」とは文字どおり、地震に耐える強さのことをいいます。

 

そのため、地震で建物が倒壊しないよう、壁や柱、骨組みを強化したり、

補強材を入れて、建物自体に強度をもたせる。 

これが「耐震」です。

 

具体的には、昭和56年6月以降の住宅は、震度6~7程度の揺れに

耐えられる、とされています。

 

とはいえ、「耐震」は揺れ自体を抑えるものありません。

家具の転倒防止対策は心掛けたいものですね。

 

ところで、昭和56年以前の住宅であっても、

壁面を補強すれば、

耐震性を高めることが可能となります。

 

気に入った古い住宅も、購入検討の余地が

あるということですね。

 

さて次回は、制震と免震について。

それではまた。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都で新築建売住宅、中古住宅の購入でお悩みでしたら

気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

転勤になったら、住宅ローン控除は受けられない?

2020年8月30日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

住宅ローン控除とは、住宅ローンを利用して家を購入した人が、

一定要件のもと所得税からの控除が受けられる制度のこと。

 

この制度を利用できるのは、

自己居住のための家を購入し、かつ購入後6カ月以内に

入居し、その後も住み続けることが条件です。

 

とはいえ、入居後に転勤を余儀なくされるケースもありますよね。

中には、一度も住むことなく転勤する人も・・。

 

その場合は残念ですが、住宅ローン控除から外れてしまいます。

 

ただし、転勤によって購入した家に住めない場合でも

住宅ローン控除を受けられるケースもあります。

 

そのためには・・

・本人は単身赴任だが、購入した家には家族が住んでいること

・赴任先が国内であること(つまり海外赴任はダメ)

が条件。

 

ですから、当初は単身赴任でも、あとから家族全員が転居すれば、

ローン控除は受けられません。

 

ところで、ローン控除の適用期間は10年間。

もし控除の適用期間が残っていれば、再び控除を受けることは可能。

 

その場合は、再度控除を受けるために、

改めて確定申告すればOKとなります。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都の新築一戸建て、中古一戸建て、中古マンション

の購入・売却なら安心してお任せください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

勤務先の融資は、銀行ローンと併用できる

2020年8月25日 | お役立ち豆知識

こんにちは、辰川です。

 

先日、こんな質問をいただきました。

「勤め先に融資制度があるのですが、銀行の住宅ローンと併用できるのでしょうか?」

 

その答えは、

勤務先から直接融資であれば、銀行ローンとの併用は可能です。

 

ふつう、住宅ローンは、複数の銀行から借りることはできません。

 

一方、勤務先のローンは、会社が従業員の福利厚生のために

行っている制度でもあります。

 

そのため、勤務先からの融資は、土地・建物に抵当権を設定しないため、

自己資金扱いになるのです。

 

ですから、銀行ローンと併用しても、何ら問題とはなりません。

 

とはいえ、高金利の時代であれば、勤務先からの融資も

それなりにメリットはありました。

 

しかし現在では、銀行の住宅ローンは軒並み低金利。

 

あえて、勤務先からの融資にメリットがあるのかどうか・・。

 

したがって、もし住宅ローンを検討しているのなら、

各銀行の融資条件をよく確認しておきたいものですね。

 

それではまた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

◆無料相談受付中!

大阪や奈良、京都の新築一戸建て、中古住宅の購入・売却でお悩みでしたら

気軽にご相談ください。

 

無料相談はこちら⇒http://www.chukai-nara.com/contact/formmail.html

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

最近の投稿

カテゴリ

アーカイブ

価格交渉も代行いたします
お問い合わせはこちら

仲介手数料無料ネット奈良が初めての方へ

プロが教える不動産選びのポイント

お勧め不動産物件情報サイト

  • Yahoo!不動産
  • SUUMO(スーモ)
  • HOME'S【ホームズ】
  • アットホーム
  • オウチーノ

ええ家づくりプランナー辰川敏広のプロフィール

代表取締役:辰川敏広

弊社は1997年に創業の小さな会社ですが、数々の不動産仲介や住宅建築を通じて、蓄積した豊かな経験とプロのノウハウで、多くの方のご支持を頂いてきました。

これからも、奈良・大阪にお住まいの方にお得になる仲介を少数精鋭で取り組んでまいります。

運営会社概要

ページトップへ戻る